「お身体の疾患」と「お口の疾患」は相互に影響を及ぼしていることが解明されており、その分野に精通した副院長がお一人お一人の疾患に応じた適切な治療を行っています。

有病者歯科とは

有病者歯科の重要性が増しています

持病のある方に行う歯科治療のことで、高齢化に伴う内科的疾患を持つ人の増加、お身体とお口の疾患の関連性の解明、などが進みその重要度が増しています。糖尿病、心臓病、腎臓病、がん、骨粗しょう症などがその対象です。

お身体の疾患とお口の疾患には
相関性があります

お口の疾患があると、歯周病菌や毒素が歯ぐきの血管を通じて全身に回り、様々な病気を引き起こしたり悪化させる原因となります。お身体の疾患があると、むし歯・歯周病リスクが高まります。お口の治療でお身体の疾患が改善されることもあり、口と身体は互いに影響し合っています。また、ご病気があると歯科治療中に思わぬトラブルが生じることもあるため、特別な配慮が必要です。

当院の有病者歯科治療

通いやすい街の医院で
有病者歯科認定医による治療

当院の副院長は有病者歯科学会認定医で、大学病院及び一般病院での様々な疾患をお持ちの方への診療経験を有しています。患者様それぞれのご病気に応じて適切な配慮・リスクマネージメントを行いながら診療にあたります。場合によっては、歯科総合病院や医科の主治医と連携し治療を進めます。
複数の病院に通院中の方、ご高齢の方も多くいらっしゃるので、大学病院ではなく通いやすい街の歯科医院で対応できるように体制を整えています。(症例により大学病院をご紹介する場合もございますが適切、円滑な受診のためサポートいたします)

お口の健康を通してお身体の健康に取り組む

ひと昔前は、内科疾患をお持ちの方への積極的な歯科治療は、危険を伴うという理由から、最小限にされる傾向がありました。しかし近年は、医療機器や技術の進歩、歯科疾患と全身疾患の関係の解明、などから積極的に治療する方向に変化しています。「健康寿命」「生活の質」への意識が高まってきたことも要因です。

「健口」は生きる力に

『美味しく食べて元気になる』『楽しく会話する』『笑う』これらはお口の健康が支えています。お口の健康は生きる力を与えてくれます。
歯科治療を後回しにすることなく、医科の治療と共に受診していただければ幸いです。生涯にわたって豊かな人生を送っていただけるようサポートさせていただきます。

【問診・全身状態の確認】
全身疾患、病歴、服用中のお薬などについてまずは伺います。
【ご家族、ケアマネージャーへのご説明】
疾患の程度により必要に応じて、同居ご家族、ケアマネージャーへの方への治療計画等のご説明を行います。

【通院中の医科病院との連携】
場合によっては、全身状態や治療経過、服用中のお薬、注意事項などの情報共有のため、担当医の先生に照会します。

【治療中のモニタリング】
必要に応じて、血圧測定・血中酸素濃度測定などを行い全身状態を確認します。
【AEDの設置】
万が一に備えAEDは常設しています。