歯周病は全身の健康にも影響を及ぼすことがわかってきています。歯科医師、衛生士が歯周病の改善・予防をサポート致します。

全身疾患と関係しています

歯周病とは

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる、歯の周辺組織(歯肉や歯を支える骨)が溶けてしまう病気で、歯を失う大きな原因となっています。
かなり病状が進行しないと自覚症状があらわれないことから、気付いていない方も多く、日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎または歯周炎)を患っているといわれています。

歯周病が全身疾患に影響することが
解明されています

歯周病が進行したり慢性化すると、歯周病菌、産生された毒素、炎症反応性物質などが歯肉の血管から入り込み、全身のあらゆる組織に送られ、様々な病気を引き起こしたり悪化させる原因となります。
歯周病の予防や治療は、全身の健康のためにも重要なことなのです。

当院の歯周病治療

歯科医師と歯科衛生士が連携
マイクロスコープはここでも活用

担当医と衛生士が連携し治療を行います。衛生士は、虫歯・歯周病の予防に関する知識と技術を有しています。当院には常勤衛生士が在籍していますので、希望される患者様には担当としてお付けし継続サポートさせていただきます。
マイクロスコープ用いると、歯周ポケットの中まで拡大し確認しながら歯石、バイオフィルムを除去することができます。患者様に歯周の状態などを画像・動画で見ていただくことも可能です。

セルフケアのポイントを
わかりやすくお伝えしています

歯周病の改善には、日々行う歯磨きなどのセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアの両輪が大切です。
歯並びや口腔内の状態などお一人お一人に合わせたご自宅でのケアの方法・ポイントをアドバイス致します。

定期的なメンテナンスで
継続的にサポートいたします

歯磨きだけでは、歯の表面の60%くらいしか磨けないと言われ、丁寧に歯磨きをし、歯間ブラシやフロスを併用してもどうしても歯垢(プラーク)は少しずつ蓄積していきます。そのため症状が改善した後も、早期発見・早期治療のために定期的に検診を受けていいただくことが大切です。
これまでの治療歴や検査データなどを用いて効果的、継続的にサポート致します。

主に使用する機器

超音波スケーラー
超音波による微細振動で付着している歯石を剥がし、粉砕します。短時間で広範囲の処置が可能です。

ハンドスケーラー
手動の器具で、細かく入り組んだ部分の繊細な処置に用います。超音波スケーラーとの併用で、徹底した処置が可能となります。

エアフロー
超微細パウダー粒子とエアーを吹き付け、バイオフィルムや着色を除去します。歯間や歯周ポケット内部などの細かい部分も歯や組織を傷つけることなくきれいにできるので、歯周病治療や予防に効果的です。矯正治療中の方にもおすすめです。

マイクロスコープ
肉眼ではどうしても捉えきれない歯石、バイオフィルムにも拡大視野で確認しながら処置を行うことができます。 肉眼の最大80倍まで視野を拡大できる顕微鏡の機能と口腔内カメラを搭載した精密機器です。 早期発見・予防に役立ちます。