ひまわり歯科|下丸子 千鳥町の歯医者

ひまわり歯科電話番号 ひまわり歯科電話番号

妊娠中に注意していただきたいこと

以下の点から妊娠中は正しい予防、治療がとても大切です。
女性ホルモン、唾液の質の変化などにより、むし歯・歯周病になりやすくなります。
歯周病により作られた“炎症物質”が血液中に入り込み、子宮の異常収縮が起こりやすくなります。
赤ちゃんの乳歯はお腹の中ですでに作られ始めています。
ママパパにむし歯があると子どもに感染しやすくなります。

区の妊婦歯科検診に対応しております

自覚症状がなくてもむし歯・歯周病は進行しやすい疾患です。安定期に入ったら受診をお勧めします。妊婦検診のご予約をお取りいただき、区の検診用紙、保険証をご持参下さい。

妊娠中のむし歯・歯周病治療

むし歯・歯周病がある場合は、基本的に安定期に治療を行います。 歯の痛みや炎症が母体や胎児に悪影響を及ぼすと判断された場合は治療を優先させることもあります。また、負担の少ない処置は前期・後期に行う場合もあります。麻酔、レントゲン、薬などは症状に応じて必要があれば使用することもあります。 不安やご心配があると思いますがご説明の上治療を進めて参りますのでご安心下さい。
麻酔について
痛みを我慢して治療を受ける方がかえって母子ともにストレス・悪影響になることもある為、必要に応じて麻酔を行なうこともあります。局所麻酔であり使用量も非常に少量なので赤ちゃんへの危険性はほとんどないことが報告されています。ただし、妊娠中に限りませんが、アレルギーや過去に麻酔で副作用の出たことのある方は必ずお申し出ください。
レントゲン撮影
当院は放射線量が少ないデジタルレントゲンを設置しております。その量は生活の中で自然に浴びている放射線量よりも少なく微量です。また撮影時は防御エプロンを使用します。
お薬の服用
妊娠中に限らず、薬を飲まないで済めばよいのですが、疾患によって母子に悪影響を及ぼす可能性がある場合には薬を服用していただくこともあります。

主な診療メニュー

むし歯・歯周病|痛い、しみる、取れてしまった、歯ぐき出血、知覚過敏など

お子さま向け治療|むし歯、上手な歯みがき方法を知りたい、フッ素で予防したい、など

矯正治療|お子様~成人まで対応。最新の治療をご提供しています。無料相談も実施。

審美・ホワイトニング|銀歯・かぶせ物を白くしたい、自分の歯の色を明るくしたい、など

予防歯科|予防したい、むし歯・歯周病になりやすいと感じている方に

口腔外科|親知らず等の抜歯、顎関節症、口内炎でお悩みの方に

マタニティ歯科|妊婦さんのむし歯・歯周病治療、口腔ケアなど

シニア向け治療|入れ歯の不調、自分に合った歯みがき方法を知りたい、など

レーザー治療|むし歯、口内炎、知覚過敏、など

スタッフのご案内

歯科医師(院長)  佐藤 豊
歯科医師(副院長) 佐藤 浩気
歯科医師(矯正医) 関 雄介

医院案内

[所在地]
〒146-0092 東京都大田区下丸子1-3-8-1階 ガス橋通り沿い踏切近く 提携駐車場はこちら

■お願い■ご予約を変更・キャンセルされる場合は、お早めにお願いいたします。(可能な限りお電話でご連絡お願いいたします。)
連絡無しのキャンセルはご遠慮ください。

▲ページトップに戻る